決算書とは

 わが国では、会社法や税法などの法律によって少なくても1年に1回は決算を行うことで、その事業年度終了時に適正な利益を計算することが定められています。そして、それに基づいて税務申告や決算公告を行うことが義務づけられています。

 決算書とは簡単にいうと会社の通信簿のようなものです。具体的には、外部の利害関係者に対して収支や資産状況の報告をするために、会計帳簿にもとづいて作成される計算書類のことです。その種類には、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュフロー計算書などがあります。

①貸借対照表
 貸借対照表とは、会社の一時点における財政状態を明らかにするための計算書であり、事業年度末におけるすべての資産・負債・純資産が記載されています。そのため、会社の資金調達からその運用状況を把握することができます。また、長期的には、開業後の企業活動の累積的な結果を示しているものといえます。具体的には、現金預金のようなプラスの財産から借入金のようなマイナスの財産を差し引いた残りが純資産となる構造になっています。

②損益計算書
 損益計算書は、会社の一定期間(一事業年度)の会社の経営成績を明らかにするために作成される計算書です。当期の収益とそれに対応する費用を示すことで、その差額として当期利益の額を計算しています。そして当期純利益が法人税における所得計算の出発点となります。

③株主資本等変動計算書
 株主資本変動計算書は、すべての会社が作成対象となっており、貸借対照表や損益計算書の記載だけでは株主資本の各項目の変動を理解することが困難です。そこで、純資産の部の変動額と変動事由を報告するために株主資本等変動計算書を作成することになっています。

④キャッシュフロー計算書
 キャッシュ・フロー計算書とは、会社が保有する資金の運用状況を明らかにするために、一会計期間におけるキャッシュ・フローの状況を一定の活動区分別に表示したものです。
 キャッシュ・フロー計算書は、貸借対照表の資金項目の増減明細表といえます。損益計算書は毎日、毎月の会計処理の積み重ねによって作成されるのに対して、キャッシュ・フロー計算書は、貸借対照表の期首残高と期末残高の差額をベースに作成します。つまり、貸借対照表項目の期首と期末の残高差額が資金の増減の内訳になります。

宮崎年1決算センターは、決算書・申告書の作成のみをご要望されるお客様のために、税理士が全力でお手伝いいたします。(宮崎県内全域 同一料金でスピード対応!)


ご連絡先


〒880-0817 宮崎県宮崎市江平東町6-14
TEL:0120-383-355

 平日9:00~18:00


メールでのご連絡は、下記をクリックしてください。3営業日以内に、ご連絡いたします。

icon